簡単にできる五十肩体操

MENU

じつは、ヒアルロン酸はNG! 

MSM+グルコサミ

※米国整形外科学会が、「変形性膝関節症治療」において、ヒアルロン酸の有効性を否定しており、サプリなら「グルコサミン」配合のサプリをおすすめします。

簡単にできる五十肩体操

肩関節や腕の動かせる範囲を広げていくときに、
有効なのが五十肩体操です。
ここでは状況に応じて簡単にできる五十肩体操を紹介します。

 

pic30.png

 

 

五十肩体操のやり方

 

肩関節が動かしにくい場合

五十肩

 

立った状態で、痛くないほうの腕を台やテーブルの上につく。
体をやや前に傾け、痛い方の腕を力を抜き、ぶらんと垂らす。
力を入れないままで、手先でゆっくりと輪を描くように回す。

 

 

腕が上がらない場合

五十肩

 

両腕を、小さく前ならえのように直角に曲げる。
痛い方の手の甲の上に、もう片方の手の平を重ねる。
乗せたほうの手に軽く力を入れて押す。
下側の手は、その力に抵抗するくらいの力で押し返す。
両掌の力が拮抗したところで、5秒間キープ。

 

各体操を、1日に10回を目安に行ってください。