回復期にすること

MENU

じつは、ヒアルロン酸はNG! 

MSM+グルコサミ

※米国整形外科学会が、「変形性膝関節症治療」において、ヒアルロン酸の有効性を否定しており、サプリなら「グルコサミン」配合のサプリをおすすめします。

回復期にすること

五十肩の回復期には、痛みはほとんど無くなってくる代わりに、
肩の動かしにくさが進行することもあります。
これを防ぐために回復期にすることとは?

 

 

癒着を防ぐには?

回復期には、これまで安静や痛みのために肩をあまり動かさなかった代償で、
肩関節の組織が委縮してくっつく、つまり癒着(ゆちゃく)してしまうリスクがあります。

 

癒着が進行すると拘縮(関節が動かない状態)になり、痛みはひいているにもかかわらず、
肩が動かせない状態がずっと続くことになってしまいます。

 

五十肩

 

もう痛みが無いからと言って、油断して肩の体操を怠っていると、
気づかないうちにどんどん癒着が進行していきます。

 

肩の動きが完全に元に戻るまでは、

  • 体操
  • マッサージ

を欠かさず続けていきましょう!

 

 

 

回復したばかりの身体に無理のない体操としては、ラジオ体操もおすすめです。

 

pic22.jpg

 

 

安静中に衰えてしまった筋肉を回復させるために、
筋力トレーニングも積極的に行いましょう。
インナーマッスルを鍛えておかないと、姿勢の悪さに繋がり、
再発や新たな疾患を招くおそれもあります。

 

これまでにスポーツの習慣があった人は、
回復期にはそろそろ再開しても構いません。
ただし、肩の激しい動きは制限して、無理のない範囲にとどめましょう。