リハビリと再発予防方法

MENU

じつは、ヒアルロン酸はNG! 

MSM+グルコサミ

※米国整形外科学会が、「変形性膝関節症治療」において、ヒアルロン酸の有効性を否定しており、サプリなら「グルコサミン」配合のサプリをおすすめします。

リハビリと再発予防方法

五十肩を完治させるには、リハビリが大切です。

 

日常生活をスムーズに送れるようになるために、どんなリハビリ方法があるのか、
再発を防ぐために日常動作で気を付けることは何かをアドバイスします。

リハビリと再発予防方法記事一覧

五十肩の回復期には、痛みはほとんど無くなってくる代わりに、肩の動かしにくさが進行することもあります。これを防ぐために回復期にすることとは?癒着を防ぐには?回復期には、これまで安静や痛みのために肩をあまり動かさなかった代償で、肩関節の組織が委縮してくっつく、つまり癒着(ゆちゃく)してしまうリスクがあります。癒着が進行すると拘縮(関節が動かない状態)になり、痛みはひいているにもかかわらず、肩が動かせな...

五十肩の特徴の一つといえば、肩の可動域が狭くなって上がらないことです。肩が上がらないと高いところに手を伸ばしたり、頭を洗うのが難しかったりして困りますね。肩が上がらないのをどうやって改善すればいいのかを紹介していきます。なぜ肩が上がらないのか?原因の一つには、痛みで肩が動かせないこともあるでしょう。痛みが原因の場合、慢性期あたりから痛みが和らいで来れば、他の人にも手伝ってもらいながら徐々に動かせる...

ひどい肩こりを持っていると、五十肩の治りも悪くなってしまいます。肩こりを解消するにはどうすればいいのか、そのポイントを紹介します。肩こりの3大要因とは?まずは、肩こりを根本的に解消するために、その3大要因を確認しておきましょう。・姿勢の悪さ・運動不足による筋肉の衰え・ストレスのたまりやすい環境肩こりの原因は筋肉疲労、五十肩の原因は炎症という違いはありますが、その大元の原因となる行動・習慣は共通して...

肩関節や腕の動かせる範囲を広げていくときに、有効なのが五十肩体操です。ここでは状況に応じて簡単にできる五十肩体操を紹介します。五十肩体操のやり方肩関節が動かしにくい場合立った状態で、痛くないほうの腕を台やテーブルの上につく。体をやや前に傾け、痛い方の腕を力を抜き、ぶらんと垂らす。力を入れないままで、手先でゆっくりと輪を描くように回す。腕が上がらない場合両腕を、小さく前ならえのように直角に曲げる。痛...

五十肩を患っている間は、いつも通りの日常生活が送れません。高いところのものをとる、手を伸ばす、後ろに手を回す・・・こういった簡単な日常動作でさえも、無理に行おうとすると、五十肩の治りが遅くなったり、さらに悪化してしまうでしょう。ここでは、五十肩でも少しでも快適に生活を送るために、日常動作で気を付けることを説明します。日常動作のポイント荷物を持つとき普通にしていても、肩には数キログラム分の腕の重みに...

五十肩の解消は自分一人でもできますが、そのときにリハビリや回復をサポートする道具・グッズがあれば、より楽になって完治も早くなるでしょう。肩を温めるグッズ五十肩の改善には温熱治療で肩の血行を良くしてほぐすのが大切ですが、より手軽に温熱治療を行えるグッズを紹介します。家だけでなく外出中でも肩を温めたいときには、使い捨てカイロもいいですが、より経済的なのはチムジルパックです。チムジルとは、韓国で氷や砂を...