猫背を治す

MENU

じつは、ヒアルロン酸はNG! 

MSM+グルコサミ

※米国整形外科学会が、「変形性膝関節症治療」において、ヒアルロン酸の有効性を否定しており、サプリなら「グルコサミン」配合のサプリをおすすめします。

猫背を治す

五十肩の元凶ともいえる猫背。
猫背を治すのに必要なことを理解するために、
まずはなぜ猫背になるのか、根本的な原因を見ていきましょう。

 

猫背になってしまう2大原因は、次の通り。

 

・骨盤が後ろに引っ張られている
・骨盤が水平に保てていない

 

pic9.jpg

 

猫背を解消して正しい姿勢を保つためには、
骨盤の位置がカギを握っているんです。

 

 

猫背を簡単に治すには?

以上に挙げた原因を解消するには、

 

・太ももの裏の筋肉をやわらかくすること
・足の親指を意識してしっかり立つこと

 

この2点が重要になります。
これなら、無理なく誰にでも簡単にできそうですよね?

 

なぜ太ももの裏の筋肉が重要なのかですが、
この部分の筋肉が硬くなり縮んでしまうと、
骨盤が後ろに引っ張られてしまうからです。

 

太もも裏の筋肉を伸ばすのに効果的なのが、
ジャックナイフストレッチです。
簡単に行えるストレッチですから、ぜひ実践してみてください。

 

五十肩

 

太ももと胸が付くように深くしゃがむ。

 

両腕を後ろに回し、両かかとを掴む。

 

太ももと胸を付けたまま、膝を伸ばしてゆっくり立つ。

 

ひざが伸びきったところで10秒キープ。

 

これを朝と夜で2回ずつを目安に行ってください。
※ひざが伸ばしきれない場合は伸ばせるところまで伸ばしながら、
 太もも裏が伸びているのを意識してください。

 

 

正しい姿勢とは?

次に、猫背を防ぐ姿勢のポイントを紹介しましょう。
まっすぐ背筋が伸びていると、骨盤を水平に保てるようになります。
ポイントは、足の親指に重心をかけることです。

 

五十肩

 

足を股関節の幅に開いて立つ。

 

足の裏でしっかり地面を踏む。

 

背中を壁に付けて、背筋を伸ばす。

※後頭部・肩甲骨・お尻・ふくらはぎ・かかとが壁につくように。

 

 

足の親指を使ってしっかり立てるように、
普段からつま先立ちで鍛えておきましょう。



 

 

猫背を治す関連ページ

体幹を鍛える
肩甲下筋を刺激する