五十肩ってどんな病気?

MENU

じつは、ヒアルロン酸はNG! 

MSM+グルコサミ

※米国整形外科学会が、「変形性膝関節症治療」において、ヒアルロン酸の有効性を否定しており、サプリなら「グルコサミン」配合のサプリをおすすめします。

五十肩ってどんな病気?

五十肩についてはまだまだ分かっていない点も多いですが、
五十肩と他の病気を混同して間違った治療をしないためにも、
ここで一度、どんな病気なのかを、
はっきりと分かっている特徴だけでも確認しておきましょう。

 

 

四十肩との違いって?

五十肩と同様に、四十肩という名称もよく使われますね。
時期によって、30~40代に発症したら四十肩、
50代に発症すると五十肩と言われたりしますが、
呼び方が違うだけで症状は全く同じと考えてください。

 

四十肩や五十肩といった名称は俗称で、
どちらも正式には「肩関節周囲炎」という病気を共通して指しています。
pic27.jpg

 

肩関節周囲炎の原因のひとつは、
筋肉や骨周辺の腱板や靭帯といった組織、そして関節が、
炎症を起こしている状態なので、肩こりよりも深刻と言えます。

 

関連ページ:「筋肉周辺の傷みと炎症

 

 

どんな症状?

五十肩の主な症状は、

・肩が痛い
・肩や腕を動かせる範囲が狭くなる(腕が上がらない、回らないなど)

 

以上の2点ですね。
五十肩を発症したと自覚したきっかけは、
突然肩に激しい痛みを感じたというケースが多いです。
それ以外にも、次のような特徴があります。

 

・左右どちらかの肩に発症することがほとんどである
・両側の肩に痛みが出るのはまれ
・安静にしていても痛むことがある
・肩から上腕にかけて痛む(首から肩は他の病気が考えられる)
・最初は眠れないほどの激痛で、徐々に痛みは和らいでくる

 

 

五十肩になりやすい人は?

その病名が示している通りに、
40代~50代の患者さんが多いです。
女性にやや多い傾向があります。


あとは、運動や生活の習慣に左右されるところが大きいですね。

詳しい原因については、「五十肩の原因とは?」をご覧ください。



 

 

五十肩ってどんな病気?関連ページ

他の病気との見分け方
整形外科で検査