筋肉周辺の傷みと炎症

MENU

じつは、ヒアルロン酸はNG! 

MSM+グルコサミ

※米国整形外科学会が、「変形性膝関節症治療」において、ヒアルロン酸の有効性を否定しており、サプリなら「グルコサミン」配合のサプリをおすすめします。

筋肉周辺の傷みと炎症

まずは、どこに痛みや炎症が起きているかを知るために、
肩の構造を知っておきましょう。
肩関節とその周辺は、以下のパーツで構成されています。

 

五十肩

 

筋肉

4つの筋肉(カフ筋)で肩関節を支えています。

 

肩関節

肩甲骨と上腕骨をつなげている関節です。

 

肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)

肩関節の動きを滑らかにします。

 

関節包

肩への衝撃をクッションのように和らげます。

 

筋肉と骨をくっつけている組織です。

 

靭帯

骨と骨をくっつけている組織です。

 

 

五十肩の傷みは、これらの肩関節の周りの筋肉や腱、靭帯に、
炎症が起きている状態です。

 

 

炎症が起こる原因

 

筋肉の炎症

まず、筋肉の炎症についてみてみましょう。
肩関節は、以下の4つの筋肉で支えられています。

 

五十肩

 

肩甲下筋

肩甲骨の内側から上腕骨にかけて張り付いている筋肉です。

 

棘上筋

肩甲骨の背面側上部から、上腕骨にかけて位置しています。

 

棘下筋

肩甲骨の背面側下部から、上腕骨にかけて位置しています。

 

小円筋

肩甲骨背面側の下端から、肩関節包にかけて細く延びています。

 

 

これらの筋肉をまとめて「カフ筋」と呼びます。
肩関節は様々な方向に動かしやすい分、
関節が不安定になって外れやすくなっていますが、
カフ筋や靭帯によってしっかり固定されているんです。

 

ただ、肩関節を無理やり広範囲に動かしたり、
強い力を加えると、カフ筋が障害を受けて、痛みを発生させてしまいます。

 

五十肩の痛みを軽減するためには、
カフ筋を中心にマッサージするのも効果的です。
マッサージのポイントについては、「痛みを和らげる方法」で説明しています。

 

 

肩関節・腱板・靭帯の炎症

筋肉以外の組織に炎症が起きていることも見逃してはいけません。
腱板や靭帯、関節包・・・これらの組織に、なぜ炎症が起きるのか?
加齢による変性、外傷、血行不良、自律神経やホルモンの乱れ・・・
色々考えられますが、はっきりしたことは残念ながら解明されてはいないんです。

 

でも、はっきりした要因が分からなくても、
炎症を抑える方法はありますので安心してください。

 

 

関節包・肩峰下滑液包の炎症

関節包や滑液包の炎症は、肩の慢性的な酷使や、
外傷によるもの、通常とは異なる運動、
痛風や感染症などの病気による炎症が考えられます。

 

 

肩関節の炎症を抑えるには

まず、肩を無理に動かさず安静にすること。
できれば、三角巾などを使って腕の位置を固定させておきましょう。

 

痛みが強いときは、整形外科で薬を処方したり注射を打って、
一時的にでも炎症を和らげると楽になります。

 

整形外科での処置や治療の詳細は、
病院で治療できる?」をご覧ください。

 

 

五十肩原因のまとめ

五十肩の原因は他にも、老化や拘縮冷えといったものがあります。
ここで五十肩の主な症状と原因について、まとめておきましょう。

 

原因 症状
筋肉・関節等の炎症 運動時の痛みやうずくような慢性痛
老化・拘縮 肩や腕の動きの制限
冷え 肩こりや痛み、しびれ